こちらのページは2017年6月15日に更新しました。

現金化でクレジットカードの利用停止を防ぐ方法とは?

現金化でカード利用停止を防ぐための対策方法

 

ショッピング枠現金化とはとても便利なサービスです。

 

審査ナシに最短10分で誰でもお金を手に入れられる方法は他にはないでしょう。

 

しかし、その一方でショッピング枠現金化が原因でクレジットカードを利用停止にされてしまったという人もいます。

 

その人たちはなぜクレジットカードが利用停止にされてしまったのでしょうか?

 

実はその人たちが購入してた商品に問題があったのです。

 

今回はショッピング枠現金化で利用停止になる理由と防ぐための方法についてまとめてみました。

 

現金化を使うとクレジットカードが利用停止になる理由

現金化でクレジットカードが利用停止になる理由

 

クレジットカードのショッピング枠とは、本来は商品の購入代金の肩代わりのために用意されている与信です。

 

そのため、現金に換金して利用することは許されておらず、現金化行為は利用規約によって禁止されているのです。

 

利用規約で禁止されている行為をおこなったから、クレジットカードが利用停止にされてしまったということですね。

 

しかし、ここで少々疑問が残ります。

 

日本全国で2億6,600万枚も発行されているクレジットカードの中から現金化目的での取引を見つけ出すことは可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、不可能です。

 

現金化でクレジットカードが利用停止になる理由

 

どんなに性能の良いコンピューターだったとしても2億6,600万枚の取引の動きをすべてキャッチするなんてことはできません。

 

そのため、カード会社は取引に条件をつけることで現金化目的での取引を探しているのです。

 

その現金化取引を見つけるための条件というのが『換金性の高い商品』での取引です。

  • ブランド品
  • ゲームハード
  • ギフト券
  • 新幹線の回数券

このような定価に近い値段で売却することのできる商品をクレジットカードで購入した場合にカード会社は利用者を疑い始めるのです。

 

当然、疑われて監視されている状態で現金化の商品を購入したとなれば今度は疑いでは済まずにクレジットカードが利用停止にされてしまいます。

 

そうなれば、まず復帰することはできませんので、現金化の商品選びにはとく注意しなくてはなりません。

 

≪現金化の商品についてはこちら!≫
現金化の商品は何が送られてくるの? - 知らなきゃ損する基礎知識

 

換金性の高い商品は危険!

現金化でクレジットカードが利用停止になる理由

 

先ほど話しましたブランド品、ゲームハード、ギフト券、新幹線回数券などの換金性の高い商品を購入するのは大変危険です。

 

カード会社に目をつけられることになりますので、クレジットカードが利用停止になる理由が格段とあがります。

 

以前にこれらの商品をクレジットカードで購入して現金化をした人は、すでにクレジットカード利用停止予備軍と言えるでしょう。

 

しかし、これでは換金率か安全性のどちらかを犠牲にしなくてはショッピング枠現金化をすることはできません。

 

もっとクレジットカード会社に発覚しづらく、安全に取引ができる方法というのは存在しないのでしょうか?

 

実は商品買取方式ではなく、キャッシュバック方式での現金化ならクレジットカードが利用停止にならずに現金化をすることが可能なのです!

 

キャッシュバック方式の現金化とは?

キャッシュバック方式の現金化とは?

 

キャッシュバック方式の現金化とは、キャッシュバックの特典が付いた商品を利用者が購入することで、決められた還元率分の現金が入金される現金化サービスのことです。

  1. 現金化業者に申し込みをする。
  2. クレジットカードで現金が特典の商品を購入する。
  3. 還元率分のお金が手に入る。

このような手順で現金化をすることができます。

 

この方法では、商品を現金化業者に送らなくてもいいため、現金化の中でもっともカンタンな方法だと言えるでしょう。

 

≪関連ページ≫
ショッピング枠現金化の仕組み - どうしてお金が借りれるの?

 

キャッシュバック方式が安全に取引できる理由

決済代行会社の存在

決済代行会社の存在

 

キャッシュバック方式が利用停止にならない理由は決済代行会社にあります。

 

キャッシュバック方式の現金化では、業者が抱えている決済端末でクレジットカード決済をすることになります。

 

しかし、この決済端末はカード会社が許可した店舗にしか配布されていません。

 

カード会社が利用規約で禁止している現金化業者に決済端末が配布されているのはおかしい話ですよね。

 

現金化業者がクレジットカード決済端末を抱えられている理由、それは海外の決済代行会社から決済端末を貸し出してもらっているからでした。

 

ここでポイントなのが『海外の決済代行会社』であるということです。

 

現金化のキャッシュバック方式が安全な理由

 

海外の決済代行会社は多くの会社に決済端末を貸し出しており、それは世界中に及びます。

 

そのため、毎月の決済代金は数十億にも昇り、カード会社からはどれが現金化の決済なのか判断することができなくなっているのです。

 

現金化の決済が確認できなければカード会社も無闇にクレジットカードを利用停止にすることはできません。

 

そのため、キャッシュバック方式ならクレジットカードが利用停止になることはないのです。

 

購入する商品が換金性の高い商品ではない

キャッシュバック方式の現金化は換金性の高い商品を買わない

 

今回、問題になっているのは換金性の高い商品を購入することです。

 

これがカード会社の条件となっているため、クレジットカードが利用停止になってしまうということですね。

 

そのため、この条件にあてはまらないキャッシュバック方式での現金化なら安全な取引をすることが可能なのです。

 

この2つの方法を同時におこなっているため、カード会社から監視されることもなく安全に現金化をすることができるということですね。

 

現金化業者を使うのが最大の利用停止対策!

現金化業者を使うのが利用停止対策

 

いかがでしたか?

 

ショッピング枠現金化を利用した人の多くはクレジットカードが利用停止になってしまっています。

 

しかし、その理由はショッピング枠現金化のやり方にあったのです。

 

換金性の高い商品の購入は大変リスクのある行為なので、高換金率で取引ができるとしても止めておいたほうがいいでしょう。

 

安全にショッピング枠現金化をしたいのなら、キャッシュバック方式の現金化業者を利用することをオススメします。

 

クレジットカード決済をおこなうため、換金率は75%〜85%と少々低くなってしまいますが、利用停止になるリスクを無くせると考えればそこまで高いものでもないでしょう。

 

みなさんもあとから後悔しないためにも、ショッピング枠現金化をするときはキャッシュバック方式の優良店を利用してくださいね。

 

また、キャッシュバック方式の現金化業者をお探しの方はこちらのランキングを参考にするのをオススメします。

 

口コミ評判が高い安心安全の優良店のみを掲載していますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください。

 

安心安全のショッピング枠現金化優良店一覧

関連ページ

現金化の詐欺の手口を学ぶ - 騙された4人の体験談
現金化の詐欺の手口を騙された4人の体験談から学びます。彼らはどうして騙されてしまったのでしょうか?最新の詐欺の手口をお話しますので、詐欺を避けたい方や対策をしたい方はこちらをご覧ください。
現金化をしても自己破産はできる?弁護士の答えをチェック!
ショッピング枠現金化をすると自己破産ができなくなるという噂は本当なのか弁護士の見解から調べてみました!はたして法律の専門家の答えとは?現金化で自己破産ができるのか心配な方はぜひご覧ください。
現金化は違法なのか徹底調査 - 利用者が逮捕されることはあるの?
現金化は違法なのか、その結論を法律から探ってみました。利用者が逮捕されることがあるのかも理由とともにお話していますので、こちらで現金化の違法性について詳しく知っておきましょう。
悪徳業者を利用して起こりうる問題とは?現金化は危険なのか?
クレジットカード現金化を利用する上でどんな問題が起こるのか、予め知っていれば問題を回避しトラブルに巻き込まれる事がない様に調査し、まとめてみました。