こちらのページは2018年8月28日に更新しました。

ショッピング枠現金化の返済はどこに?

ショッピング枠現金化の返済はどこに?

 

皆さんはショピング枠の現金化、別名では「クレジットカード現金化」とも言われているこの資金調達方法ですが、発生したお金は誰に返済すればいいのかを悩んだりしませんか?

 

今回はそんなショッピング枠現金化で利用したお金をどこに返済すればいいのかについてご説明させていただきます。

 

 

ショッピング枠現金化の返済方法

ショッピング枠現金化の返済方法

 

ショッピング枠を利用して現金化したお金は、どこにどのように返済すればいいのか?という疑問ですが・・・。

 

これはクレジットカード会社に返済しなければいけません。

 

「現金化業者に現金化してもらったのに・・・?」
と思う方もいるかもしれませんので「現金化」というものはどういったものなのかを簡単にご説明させていただきます。

 

現金化業者にお金を返済しない理由

現金化業者にお金を返済しない理由

 

そもそもショッピング枠の現金化は「消費者金融」ではありません。

 

分類的には金券ショップ、リサイクルショップなどと同じようなジャンルの業者なのです。
なにが違うのかといいますと、ショッピング枠現金化と消費者金融には大きな違いが1つ存在しているんです。

 

それは『商品の購入』という工程があるかないかということ。

 

現金化はあくまでも『購入した物を現金に変えるサービス』です。
つまり、身分証と印鑑だけで現金を手にする事は絶対にできないということですね。

 

必ず『商品』がついてこないと『現金化』にはなりません。
しかし、現金化業者の中にはクレジットカードのみで現金化を利用できる業者が存在しますよね?

 

その業者もしっかりと商品を中心に現金化を行っている業者なのです。

 

現金化業者と消費者金融の違い

消費者金融と現金化業者の違い

 

現金化方法はキャッシュバック方式の現金化ですが、この現金化方法は現金が振り込まれた後に商品が郵送されてきます。

 

この、後から送られてくる商品を購入したから「現金がキャッシュバックされる」のがキャッシュバック方式の現金化なのです。
ではもしもこの商品を送らなかったりするとどうなるのかというと、現金化業者が逮捕されます。

 

先ほども言ったように、現金化業者は消費者金融ではありません。
しかし、商品を送らずに現金化を行うと『クレジットカードを現金に変えて利用者に融資している業者』という状況になってしまいます。

 

これでは、消費者金融と何ら代わりのないサービスになってしまいますね。

 

何故逮捕されるのかと言うと、消費者金融はお金を貸せる資格を持って利用者に現金を貸している訳ですが、ショッピング枠現金化業者はこの資格をもってはいません。

 

金券ショップやリサイクルショップと同じ立ち位置の業者ですからね。
無免許で車を運転していれば警察に捕まるように、無免許で貸金業を行っていれば警察に逮捕されてしまうのと同じです。

 

現金化業者は現金に変えるだけ

現金化業者は現金に変えるだけ

 

つまり消費者金融のように0から現金を手に出来るということではなく、何かの商品を現金化している。
もしくは購入したことでキャッシュバックが生じる、という形でしか現金を手にする事ができないのが現金化業者なのです。

 

当然購入しているのは自分のクレジットカードで商品を購入しているので、お金を返すのはクレジットカード会社という事になるわけです。

 

後から分割払いやリボ払いに変更できるかどうか?ということですが。
クレジットカード会社には後から支払い方法を変えられるサービスがありますので、1回払いだとしても途中から支払い方法を変更する事は可能となっています。

 

返済方法を自分の都合に合わせられるというところを見ると、消費者金融を利用するよりもショッピング枠現金化を利用した方がずっと融通の効くサービスだと思いませんか?

 

そんなショッピング枠現金化の優良店はこちらを参考にどうぞ。

 

評判のショッピング枠現金化業者